セルフタイマーです。この位置にしてシャッターを押すと10秒間の電子タイマーが作動し、LEDが点滅します。点滅サイクルは時間によって変化はしません

シャッターのロックを解除して撮影を可能にするポジションです。Aと書いてありますがAT−1にはAEはありません。

ロック位置です。シャッターロックレバーがこの位置になっていると物理的にシャッターがロックされます。本体の大もとの電源はメインスイッチでコントロールしますので、このレバーがL位置でも露出計は作動しています。
シャッターロックレバー
シャッターボタンの周りにメインスイッチがあります。

シャッターボタン、シャッターロックレバー


シャッターボタンです、ケーブルレリーズの穴がついています
ロック位置です
ロック解除位置です、オートはないのにAマークです
セルフタイマー位置にするとLEDが顔を出します




シャッターボタン
電子式のシャッターです。他のAシリーズと違い、シャッターを押さなくても露出計はONになっています(露出計はメインスイッチでコントロールされます)。