モードセレクタ、ATダイヤル、シャッターボタン


モードセレクター
シャッターボタンのまわりにあるのがモードセレクタです。シャッター速度優先AEか絞り優先AEを選びます。レンズの絞りリングがA位置に設定されていれば、このスイッチで選択されたモードになります。TvはTime valueのAv Apature Valueの略です。このスイッチでモードを選択するとATダイヤルは選択したモードの値しか見えなくなります。(絞り優先なら絞り値、シャッター速度優先ならシャッター速度)。

ATダイヤル
 ATダイヤルで絞りやシャッター速度を設定します。モードセレクタで選んだ値しか見えませんから混乱することはありません。非常に良くできたシステムです。シャッター優先モードでATダイヤルを最高速側に回すとPと書かれたポジションが出てきます。ここに合わせるとプログラムAEモードになります。

シャッターボタン
シャッターボタンは2プロセスで作動します。半押しで露出計スイッチがオンになりファインダー内にデジタル情報が表示されます。さらに押すとシャッターシークエンスが作動し撮影が行われます。電子式のシャッターですので軽いタッチです。